【大手3社比較】仮想通貨のいくらから取引をできる!?仮想通貨取引は、50円からでも可能!!

実は、手軽に始めることができる仮想通貨取引

どうも、Kです。

今回は、『仮想通貨はいくらか取引を始める』ことができるのかをお話していきたいと思います。

【大手3社比較】仮想通貨取引の最小単位

大手仮想通貨業者(ビットフライヤー・コインチェック・ビットポイント)3社の仮想通貨の取引最小単位をご紹介します。

現在:(2017年9月10日12:28)1BTC/460693円(1ビットコイン当たり)の金額になっています。

下記表では、1BTC/50万円として単位当たりの、金額を出していこうと思います。

単位 金額
1BTC 50万円
0.1BTC 5万円
0.01BTC 5千円
0.001BTC 500円
0.0001BTC 50円

bitflyer(ビットフライヤー)

bitflyer(ビットフライヤー)の取引単位は、『0.001BTC単位』です。

上記表を、参考にしてみるとわかるように、『¥500円~』仮想通貨の取引を始めることができるようです。

bitflyer(ビットフライヤー)関連ページ:

coincheck(コインチェック)

coincheck(コインチェック)の取引単位は、『0.005BTC単位』です。

上記表を、参考にしてみるとわかるように、『¥2500円~』仮想通貨の取引を始めることができるようです。

coincheck(コインチェック)関連ページ:

BITPoint(ビットポイント)

BitPoint(ビットポイント)の取引単位は、『0.0001BTC単位』です。

上記表を、参考にしてみるとわかるように、『¥50円~』仮想通貨の取引を始めることができるようです。

BitPoint(ビットポイント)関連ページ:

まとめ
今回は、仮想通貨の取引はいくらから行う事ができるのかを調べてみました。      実際に50円~2500円単位と仮想通貨業者によって全く取引の最小単位は異なるようです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事は役に立ちましたか?もしよろしければこの情報を友だちにも教えてあげてください。

お問い合わせに関しましては、Twitterアカウント『@moneyhark1』にて、ご連絡いただけましたら、ご対応いたします。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

オススメ取扱所-ランキング



▲GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】GMOコインは他社と違い『希望する価格で確実に買える(売れる)』点や、他社と比べてスプレットも圧倒的に低いので、短期売買で利益を上げたい方はオススメの販売所です。

 

参考ページ:GMOコインの特徴(メリット・デメリット)手数料・安全面・取引額・登録から取引までの日数は?? 

▲安全・安心な仮想通貨の取引所『Zaif』

ビットコインを買う上で必要な、手数料を支払うのではなく、手数料を貰えるので、大変お得。

ZAIF(ザイフ)のみの取扱トークンなどもあるので、持っていて損なし

参考ページ:Zaif(ザイフ)の特徴(メリット・デメリット)手数料・安全面・登録から取引までの日数は?? 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で▲世界を変えるコイン。ビットコインは、『ビットフライヤ―』

ビットフライヤーは、仮想通貨売買はもちろん、ポイントサイトのような仕組みを使っており、

(例:楽天市場で購入1%はビットコインで支払い)などのサービスも行っているほか、

決済面では、ビックカメラ,大手旅行会社HISなどとも提携しており、ビットコインを実生活で取り得る動きも積極的に取り組んでいるのが特徴です。

参考ページ:【リスクゼロ投資】仮想通貨が無料で貰える!?ビットフライヤーアフィリエイト・登録の仕方

▲ビット金取引高日本一の仮想通貨取引所『Coincheck』

 

コインチェックでしか、扱っていない仮想通貨銘柄がありますので、機会損失を逃したくない方・は、登録必須の取引所です。

また、二段階認証を採用しておりますので、なりすまし防止に対しても、補償対応あり。

ですが、他の取引所よりも売買手数料が高いので、短期の売買には不向きです。長期的に仮想通貨を持っておくならコインチェックで問題はないです。

 

参考ページ:コインチェックの特徴(メリット・デメリット)手数料は?・安全面は?・取引はいくらからできる??

 

Scroll Up