ビットコイン決済をすることで、Amazon商品が最大35%安く購入ができる!

ビットコイン決済をすることで、Amazon商品が最大35%安く購入ができる!

『Purse.io』の仕組み

Purse.io』は、Amazonを介してBitcoinを購入する・売却することができるサービスです。

このサービスでは、

  • ビットコイン⇒Amazon商品に交換したい方
  • Amazonギフト券etc.⇒ビットコインに変えたい方

によって成り立っています。

『Purse.io』ビットコイン⇒Amazon商品を購入するメリット・デメリット

ビットコイン⇒Amazon商品に交換したい方:メリット

Amazonで購入したい商品がある方は、

ビットコインを介して『Purse.io』を利用することで、安く購入することができます。

『Purse.io』の利用手順
  1. 『Purse.io』で、「欲しいものリスト」を公開
  2. 自分自身で、○○%オフ(10%-35%)設定をします。※1
  3. 『Purse.io』で出品手続きを行う。
  4. 買い手が付くまで待つ。
  5. 商品到着後、到着確認と評価を行なう。

※1:Amazon購入者と、ビットコイン売却者との需要と供給で成り立っており、
○○%オフはAmazon購入者の負担になるので、そこは駆け引きになるようです。

ビットコイン⇒Amazon商品に交換したい方:デメリット

  • 『Purse.io』を利用して、ビットコイン売却者は「欲しいものリスト」を出品する形になり、取引が決まるまでに時間が掛かる。※急ぎの買い物には不向き!

10%引きだと、約24時間以内には取引できるようです。

あまり急ぎではない商品などを利用するのには、最適!!

  • 始めてのご利用では、設定できる○○%オフ(10%のみ)しかできないようです。

※2回目以降には、○○%オフ(15%)利用すれば、するほど自由に設定ができるようになる仕組みのようです。

○○%オフ率を高めてしまうと、それだけビットコインの買い手が負担する形になるので、商品受け取りまでに時間が掛かってしまう恐れがあります。

どうして、何故!Bitcoin⇒Amazon商品を安く購入することができるのか?

『Purse.io』の仕組みだと、Bitcoinの買い手は、損をしているのでは?

と思った方もいるのではないのでしょうか?

現時点でこのサービスがなりなっている理由は・・・。

恐らく取引所では、

クレジットカードでの仮想通貨購入には物凄い高額な手数料を設けている場合があります。

コインチェックで私自身が体験談(※1)でもお伝えしましたが、

その時の手数料と比べたらこちらの、『Purse.io』サービスを利用して、

ビットコインを間接的に購入する方が、割安と判断されている可能性があり、

このサービスが上手く機能していると考えられます。

参考ページ(※1):

取引所での購入:

  • クレジットカードにてビットコインを購入する(割高)

『Purse.io』での購入:

  • クレジットカードにてビットコインを購入する(割安)と判断されている可能性がある。

『Purse.io』の今後なりえる構図

Amazon商品買い手>ビットコイン売却者

現時点では、Amazon商品の買い手が多く存在しているので、

ビットコイン売却者が少ないので、ビットコイン売却者に有利な状況になっております。

Amazon商品買い手<ビットコイン売却者

これが、ビットコインが全世界に大きく普及していくようになれば、

Amazon商品の買い手よりも、ビットコイン売却者が増え、

現在のように安く利用するのが困難になる可能性もあるかもしれません。

ですが、Amazon商品買い手側にもメリットがあるので、大きく崩れる可能性は低そうです。

簡単な流れ

  • 『Purse.io』新規登録を行う。
  • 『Purse.io』に自分自身の欲しい物リストをインポートする。
  • 『Purse.io』にビットコインを入金する。

『Purse.io』新規登録を行う。

通常、この画面は英語になっておりますが

私は、Googlクロームを利用しており、

右クリック『日本語翻訳』を利用しておりますので、日本語表示になっております。

Purse.io』をクリックして、画面右上サインアップを選択!

サインアップをクリックすると、

このような画面が表示されますので、

自分に合った登録方法で登録を行います。

こちらまでを行えば、『Purse.io』の登録完了になります!

『Purse.io』に自分自身の欲しい物リストをインポートする。

Amazon(アマゾン)の『欲しい物リスト』を開きます。

欲しい物リストURL:語尾『ref=cm_wl_list_o_〇?』⇐URLならコピー!

※〇には、欲しい物リスト作成している数が入ります。

参考URL: https://www.amazon.co.jp/gp/registry/wishlist/1P432U2JCOGI0/ref=cm_wl_list_o_〇?

それを、『Purse.io』検索窓に貼り付けを行います。

▲このページまでこれば、『Purse.io』に欲しい物リストのインポートは完了になります。

『Purse.io』にビットコインを入金する。

coincheck(コインチェック)の場合:

私は、ビットコインの取引所として、『coincheck(コインチェック)』を利用しています。

なので、今回はコインチェックからの入金方法をお伝えします。

coincheck(コインチェック)⇒『Purse.io』に入金する方法

  • 『Purse.io』にログイン後、画面右上アカウントアイコンを選択!

財布=“Wallet(ウォレット)”を選択します。

財布=“Wallet(ウォレット)”を選択すると、▲上記画面に進みます。

この住所に送る『1E9cCTWokSZa21h2ypm92eqmhePRRVTVtm』⇐Purse.io内口座

※個別にこの住所が付与されておりますので利用者1人1人異なります。

この住所に送る内情報をコピーします。

coincheck(コインチェック)』にログインをします。(事前登録が必要)

参考ページ:

『coincheck(コインチェック)』にログイン後、

  1. 画面上、『ウォレット』・『取引所』の『ウォレット』を選択
  2. 画面左リスト、『コインを送る』を選択
  3. 送金先リストの編集:宛先に先ほどの住所を入力
  4. 希望の金額を入力して送金するをクリック!⇐送金完了!

coincheck(コインチェック)』の手数料0.0005BTCは固定の振込手数料のようです。

例:1BTC=50万円⇒手数料0.0005BTC(約250円が振込手数料)になる計算になります。

【体験談】実際に送金してみました!

▲当初、利確予定にしていた、50万円を達成したので、一部換金!!

参考ページ:

2017年10月9日~ビットコインが、当初の目標金額だった50万円を達成しましたので、

一部、『Purse.io』に換金してみました。

coincheck(コインチェック)⇒『Purse.io』に入金する方法の送金流れになります。

ここで、トラブル発生!!

送金作業を1回目(10月10日07:23)取引を行ったのですが、

8:24まで待っても『Purse.io』に送金完了になりませんでした・・・。

▲一度この送金はキャンセルして、再度送金作業を行いました。(8:26完了!)

送金作業を行うと、coincheck(コインチェック)から、送金申請のご連絡メールが来ます。

▲『Purse.io』に入金完了!!

欲しい商品が決まりましたら、いよいよ『Purse.io』にて、購入をしていこうと思います。

また、購入次第お知らせいたします。

商品購入の流れ

商品購入日:2017-10-10

購入商品:

  • ナチュリエ スキンコンディショニングジェ​ル 180g
  • マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が​教える一生モノの文章術~(到着日:2017-10-12)

贈り物(ギフト)という形で送られてきていました!

この方法は、ブロガーさんもよく利用している自分自身の『欲しい物リスト』を公開して、

他の方が欲しい物リストの利用者に購入する事ができる仕組みを利用しているようです。

住所・氏名etc..も知られることなく、利用できるので便利なサービスです。

【追記】2017年10月17日 未だに、ほかの商品は来ない・・・。

上記、注文4点の内(1点到着済み)・3点未着の商品ですが、

▲のように、10月17日現在もこの状態で止まっており、クロネコヤマトに問い合わせを行いました。

先日、Amazonで、

配送ラベルが文字化けしてしまって住所が正しく印刷されていない』なので、

一旦キャンセル扱い返金対応という問題があったようです。

今回クロネコヤマトを介して、Amazonに問い合わせをしてもらい、

商品注文をキャンセルする⇒返金対応ということで、話が終わったようです。

いつもなら、Amazonからアクション(メール)があるのですが、今回に関しては、

そうはいかずAmazon商品を購入した人が対応してもらえないと非常に面倒くさい状態に陥ってしまったようです。

『Purse.io』はチャット形式で、

(管理人・Amazon商品購入者・ビットコイン支払い者)の3者で、

取引を円滑に行われているので、若干安心できるサービスです。

▲商品配送の確認は、受け取った商品をチェックして受取ましたよ!と通知をする流れになっております。

私は、1点しか受け取っていないのに、4点受取ました!と間違ってチェックしてしまい4点分の代金が一旦Amazon商品購入者側に移動してしまう事態が発生しましたが、右画像の管理人に間違いましたと報告したら、こちらに、無事返金されました。

【追記】2017年10月18日 購入した商品のみお支払い対応

▲貴方が購入したのは、この1点のみですね?ということで管理人を通して、購入した商品の修正を行ってくれました。

未着商品代金は、無事返金されておりましたので、今回の取引はこれで、完了となりました。

【追記】2017年10月21日 購入履歴

『Purse.io』を使いこなして見てわかったことは、

商品の1点当たり金額単価が少ないのは売れにくいようです。

というのも、他にも注文依頼複数掛けておりました。

下記注文詳細内容です。

  • 1点当たり金額単価が低い商品を5点:18%OFF
  • 1点当たり金額単価が高い商品を1点:27%OFF

結果、購入されたのは『1点当たり金額単価が高い商品を1点:27%OFF』商品でしたので、このような推測になりました。

1点デメリットに感じたことをお伝えします。

万が一、高額商品を『Purse.io』を介して購入して、

不良品が到着した場合の保証対応が受けれない(どこのストアで購入したかわからない・・。)

保証を受ける場合でも、Amazon商品を購入した方に、情報の開示を求めなければならず

やや取引が面倒になることが予想されます。

安く購入している分、こういう点はリスクと考えて利用する方がよさそうです。

LOGICOOL オプティカル ゲーミングマウス G300s

▲商品を15%OFFで購入することが出来ました。

 (グロー) glo 新型 バージョンアップ スターターキット セット 本体 (シルバー)

▲商品を27%OFFで購入することが出来ました。

まとめ

現在、仮想通貨の認識は投機目的とした利用が世間的に見ても多く広まっておりますが、

少しづつですが実用的なこのようなサービスなども広がってきています。

ビックカメラでは、

  • 2017年4月~:
    • 一部の店舗でビットコインでの支払いを開始
  • 2017年7月26日:
    • ビックカメラ全店での支払いが開始

仮想通貨:ビットコインの利用は目に見える形で増えてきています。

企業にとってのメリットは・・・

決済手数料がクレジットカードと比較すると格段に安い点などあり、

企業にとっては嬉しいですし、これを個人に還元すればさらにビットコインの普及率は上がるでしょう。

個人・企業にとってのデメリットは・・・

現在の仮想通貨全般に言えるのは、値動きの荒さです。

決済状況によっては、『個人に不利益』・『企業に不利益』など価格が前後することでの

問題があり、まだまだ実用性があるかというと難しい問題です。

Q&A

『Purse.io』について分かった事をQ&A形式にて記載していこうと思います。

Q.ビットコイン⇒『Purse.io』に送金すると、その時の相場で『Purse.io』に入金されるのか?

A.『Purse.io』に入金されてもビットコインの相場状況によって、入金額は上下するようです。

仮想通貨取扱所

\仮想通貨をまだお持ちでない方はCoincheck(コインチェック)がオススメ♪/

\仮想通貨国内取引高NO.1信頼性で選ぶなら、ビットフライヤー♪/

\積立コインも大人気!ビットコインを安く買うなら、Zaif(ザイフ)/

\アルトコインのレバレッジ取引なら、DMMビットコイン/

\提示されている金額で確実に売買ができるのがGMOコイン!/

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事は役に立ちましたか?もしよろしければこの情報を友だちにも教えてあげてください。

お問い合わせに関しましては、Twitterアカウント『@moneyhark1』にて、ご連絡いただけましたら、ご対応いたします。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

オススメ取扱所-ランキング



▲GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】GMOコインは他社と違い『希望する価格で確実に買える(売れる)』点や、他社と比べてスプレットも圧倒的に低いので、短期売買で利益を上げたい方はオススメの販売所です。

 

参考ページ:GMOコインの特徴(メリット・デメリット)手数料・安全面・取引額・登録から取引までの日数は?? 

▲安全・安心な仮想通貨の取引所『Zaif』

ビットコインを買う上で必要な、手数料を支払うのではなく、手数料を貰えるので、大変お得。

ZAIF(ザイフ)のみの取扱トークンなどもあるので、持っていて損なし

参考ページ:Zaif(ザイフ)の特徴(メリット・デメリット)手数料・安全面・登録から取引までの日数は?? 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で▲世界を変えるコイン。ビットコインは、『ビットフライヤ―』

ビットフライヤーは、仮想通貨売買はもちろん、ポイントサイトのような仕組みを使っており、

(例:楽天市場で購入1%はビットコインで支払い)などのサービスも行っているほか、

決済面では、ビックカメラ,大手旅行会社HISなどとも提携しており、ビットコインを実生活で取り得る動きも積極的に取り組んでいるのが特徴です。

参考ページ:【リスクゼロ投資】仮想通貨が無料で貰える!?ビットフライヤーアフィリエイト・登録の仕方

▲ビット金取引高日本一の仮想通貨取引所『Coincheck』

 

コインチェックでしか、扱っていない仮想通貨銘柄がありますので、機会損失を逃したくない方・は、登録必須の取引所です。

また、二段階認証を採用しておりますので、なりすまし防止に対しても、補償対応あり。

ですが、他の取引所よりも売買手数料が高いので、短期の売買には不向きです。長期的に仮想通貨を持っておくならコインチェックで問題はないです。

 

参考ページ:コインチェックの特徴(メリット・デメリット)手数料は?・安全面は?・取引はいくらからできる??

 

『ビットコイン決済をすることで、Amazon商品が最大35%安く購入ができる!』へのコメント

  1. […] ビットコイン決済をすることで、Amazon商品が最大35%安く購入ができる方法 […]

  2. […] ビットコイン決済をすることで、Amazon商品が最大35%安く購入ができる! […]

  3. […] ビットコイン決済をすることで、Amazon商品が最大35%安く購入ができる! […]

  4. […] ビットコイン決済をすることで、Amazon商品が最大35%安く購入ができる! […]

  5. […] ビットコイン決済をすることで、Amazon商品が最大35%安く購入ができる! […]

  6. […] ビットコイン決済をすることで、Amazon商品が最大35%安く購入ができる! […]

  7. […] ビットコイン決済をすることで、Amazon商品が最大35%安く購入ができる! […]

Scroll Up