ビットコインキャッシュ(BCH)の(特徴・将来性)スプレッドを安く抑える方法

どうも、@moneyhark1です。

今回は、仮想通貨の1つであるビットコインキャッシュ(BitcoinCash・BCH)の特徴と、これまでのビットコインキャッシュの動向(将来性)をお伝えしていきます。

※ビットコインキャッシュは、BCC・BCHの二つの読み名がありますが、BCHと表記して説明していきます。

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年11月現在、

1000種類以上ある仮想通貨の中で時価総額3位を誇っている非常にメジャーな通貨です。

ビットコインキャッシュの概要

通貨名 ビットコインキャッシュ(Bitcoin cash)
通貨略号 BCC・BCH
公開日 2017年8月1日
発行上限枚数 2100万枚
公式サイト ビットコインキャッシュの公式サイト
参考ページ:
  • BTC・BCHハッシュレート比率:fork.lol

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴・将来性は?

ビットコインからHF(ハードフォーク)によって生まれた新しい仮想通貨

ビットコインキャッシュは、ビットコインのスケラビリティ問題(ブロックサイズが1MBに制限されている結果起きている問題である)を解消するために、

ビットコインからHF(ハードフォーク)することによって生まれたのが、このビットコインキャッシュです。

ビットコインの8倍のブロックサイズ

 ビットコイン ビットコインキャッシュ
主な用途 決済 決済
通貨単位 BTC BCH/BCC
開始年月 2009年1月 2017年8月
管理者 不在 不在
開発 ビットコインコア 開発チーム(独立)
ブロック作成 PoW PoW
ブロック作成時間 約10分 約10分
最大ブロック容量 1MB 制限なし(8MB)

ビットコインから、HF(ハードフォーク)したことによって、生まれたビットコインキャッシュです。

ビットコインとスペック(性能)が似ている点はありますが、1点全く違うのが、『最大ブロック容量』です。

先ほどにも、ご説明しましたが、ビットコインのスケラビリティ問題(ブロックサイズが1MBに制限されている結果起きている問題である)を解消する為に生まれた仮想通貨で、

言わば『2代目ビットコイン』なのです。

2017/12/01現在、ビットコインのスケラビリティ問題は、すでに表面化しております。

主な現象:

  • ビットコインの送金遅滞
  • ビットコイン手数料の高騰

それでも、2017年11月26日には、1BTC=100万円を突破しております。

ジンバブエという国、自国の通貨の価値が保証されていないため、仮想通貨(ビットコイン)に換える人が急増したことにより、

国際価格相場よりも、なんと約2倍の値が付き、暴騰しているのです。

ちなみに、ビットコイン(基軸通貨)意外にも、アルトコインも軒並み日本より、割高のようです。

日本の通貨円(エン)に対しては、日本人は価値が落ちないのが当たり前だと無意識のうちに思っている方が数多くいますが、

世界の国々を見てみると、仮想通貨に対して自国の通貨よりも魅力的に感じる国もあると言う事です。

ビットコインキャッシュの特徴:
  • ブロックサイズが8MBあり、ビットコインの8倍の容量
  • リプレイアタック保護

  • トレザー(USD型ウォレット)などのハードウォレットのセキュリティの向上。

ビットコインキャッシュ(BCH)の急騰の理由とは?

▲ビットコインキャッシュ(BCH)の日足チャート

2017年8月1日ビットコインからHFを行い、誕生したビットコインキャッシュですが、まだ歴史は浅く、分岐後は、3万円台をうろちょろしていました。

(11/12)上記チャートを見てみると、すごい長い上髭を付けていることがわかります。

この上昇には、下記3点が要因のようです。

  • 「ビットコインクラシック開発グループの公式サイトに公式サイトにおける声明」
  • 「ビットコインの分裂案だったセグウィット2xの中止」
  • 「ビットコインキャッシュのハードフォーク」

「ビットコインクラシック開発グループの公式サイトに公式サイトにおける声明」

従来のビットコイン・コアチェーンのブロックサイズが1MBに固定されどうにもならないことが、ビットコインキャッシュに優位性を与えている。あとは市場がきめるだろう。

どのチェーンが一番支持を集めるかは皆にかかっている。ビットコインキャッシュを使い始める次の10億人にかかっている。最長で6か月以内に、ビットコインキャッシュの名前から「キャッシュ」という部分をなくし、「ビットコイン」と呼ぶことになるだろう。

参考:https://jp.cointelegraph.com

「ビットコインの分裂案だったセグウィット2xの中止」

ビットコインは、スケラビリティ問題(1MB)の限界を受け、

ハードフォークをして、Segwit2x(セグウィット2x)に容量2MBになる(ニュアンスとしては、カスタム)のようなものを行うと発表しておりました。

予定日は、11月16日頃でした。日本時間の11月9日の夜中2時過ぎに突如、『Segiwt2xのハードフォーク中止』が発表されました。

Segwit2xの取り組みはブロックサイズを増やし、Bitcoinのスケーラビリティを向上させるという簡単な目的で5月に開始されました。当時、ビットコインコミュニティは3年近くの激しい議論の末に危機に瀕していました。

Segwitはマイナーの間で30%のサポートしか得られず、それは遠い蜃気楼のようでした。Segwit2xは8月に最初の成功を見せ、アクティブ化が成功しました。

その当時から、チームは2MBのブロックサイズの増加というプロジェクトのフェーズ2にその努力を移しました。私たちの目標は常にビットコインの円滑なアップグレードでした。ブロックサイズを大きくする必要性を強く信じていますが、コミュニティを一緒に維持することがさらに重要と考えています。

残念ながら、この時点でクリーンなブロックサイズのアップグレードに十分なコンセンサスを構築していないことは明らかです。現在の経路を継続することでコミュニティが分割され、ビットコインの成長が後退する可能性があります。これは決してSegwit2xの目標ではありません。

ブロックチェーンの手数料が上昇するにつれて、ブロックサイズの増加が必要であることが最終的に明らかになると考えています。それが起こるとコミュニティが集まり、おそらくブロックサイズの増加を伴う解決策を見つけることを願っています。

それまでは今後2MBのアップグレードを計画しています。Segwit2xに建設的に貢献した皆さんに感謝したいと思います。あなた達の努力はビットコインをすばらしくするものです。ビットコインは今まで見た人類の中で最高の金銭形態であり、私たちは世界中でその成長を守り育てることに専念しています。

「ビットコインキャッシュのハードフォーク」

また、ビットコインキャッシュは11月13日にハードフォークを実施しマイニング難易度アルゴリズムの変更を行うために、

DAA(Difficulty Adjustment Algorithms)というアップデートすることを発表したことで、ビットコインキャッシュに買いが多く集まったようです。

ビットコインキャッシュ(BCH)の最安値取引所は?

ビットコインキャッシュを取引できる取引所、また売買手数料などから

最も適した取引所をお伝えいたします。

ビットコインキャッシュ(BCH)取扱の取引所一覧

取引所(公式サイト)

JPY取引のみ

ビットコイン ーサリアム イーサリアムクラシック リップル ライトコイン ネム リスク ファクトム オーガー モネロ ジーキャッシュ ダッシュ モナコイン ビットコインキャッシュ
[GMOコイン]  ◯
[coincheck]
[bitFlyer]
[Zaif]
[ビットバンク]
[ビットポイント]
[みんなのビットコイン]
[ビットトレード]
[コインエクスチェンジ]
[BTCBOX]

※2017年12月1日現在

ビットコインキャッシュ(BCH)詳細情報一覧

売買手数料が高い取引所ですと、利益が出ても悩殺されてしまう恐れがあるので、

取引所選びは大変重要です。

アルトコインは、基本短期売買には向かない(売買手数料がビットコインと比べ割高)ので、

長期保有の目線で考えた方が堅実かもしれません。

長期保有の目線で見るなら、Zaif(ザイフ)辺りがオススメです。

[GMOコイン] [coincheck] [bitFlyer] [Zaif] [ビットバンク] [ビットポイント] [みんなのビットコイン] [ビットトレード] [コインエクスチェンジ] [BTCBOX]
スプレッド

25,000円

(※1)

※随時変動

買6.07%/売5.53%

※随時変動

買7.88%/

売8.24%

※随時変動

買0.13%/売0.06%

※随時変動

2.5〜10%(※3)

※随時変動

買3.04%/売0.00%

※随時変動

数百円~数千円

※随時変動

不明   約1,000円

※随時変動

 買0.54%/売0.752%

※随時変動

入金
  • 即時入金: 無料
  • 振込入金: (振込手数料はお客様負担
お客様負担
(振込手数料実費分)
  • お客様負担

(振込手数料実費分) 

  • クイック入金時:324 円(税込)/件
お客様負担
(振込手数料実費分)  
お客様負担
(振込手数料実費分)
お客様負担
(振込手数料実費分)
お客様負担
(振込手数料実費分) 
お客様負担
(振込手数料実費分)
お客様負担
(振込手数料実費分) 
お客様負担
(振込手数料実費分) 
出金 無料
  • 3万円以下:165円
  • 3万円以上:258円
  • 三井住友銀行時:3万円未満 216 円(税込)
  • 3 万円以上 432 円(税込)
  • ※三井住友銀行以外:3万円未満 540 円(税込)
  • 3 万円以上 756 円(税込) 
  •  50万円未満:350円
  • 50万円以上:756円
  • 3万円未満:540円
  • 3万円以上:756円
お客様負担
(振込手数料実費分)
 500円 648円  500円  出金額の0.5%,最低400円(税込)

(※1)変更前:キャンペーン/通常時:1500円/3000円→変更後:25,000円

(※2)bitBankスプレッド一覧表

スプレットが高い所では、利益を出すのが難しい!

仮想通貨の販売所・取引所で、利益を出すことを第一に考えるなら、

スプレッド(差額)の低い販売所・取引所を探すことが非常に重要です。

作り話ですが、買った金額(〇円)が10万円上がった。やったーと喜んでいても、

スプレッドが30万円開いていたら、まだ利益は出ておらず、-20万の状態なのです。

スプレッドを理解しないで、取引をするのはお金をどぶに捨てるようなものなので、しっかり理解を深める必要があります。

ビットコインキャッシュ(BCH)イベント情報

ビットコインキャッシュ(BCH)のイベント(上場・重要発言)などを随時更新していこうと思います。

ビットコインキャッシュ(BCH)上場情報

出典元:https://getway.io/news/ico_news/bitcoin-cash-price-technical-analysis-bchusd-extends-decline

2017年:

  • 12月7日:BitstampへBCHが上場。
    • 8月1日のビットコイン保有者に向けてのBCH付与も同時に行う予定。

ビットコインキャッシュ(BCH)HF(ハードフォーク)情報

HF(ハードフォーク)内容:

  • ビットコインキャッシュのソフトウェア「Bitcoin ABC」のアップグレード
  • プロトコルレベルでのコード変更
    • OP_GROUPが、BCHに実装される。(代替トークンの発行が可能になる。(※1))
  • 現在8MBサイズのブロックサイズの引き上げ計画もあるようです。(具体的な数字は不明)
  • ブロック生成方法の変更(Graphene(グラフェン)(※2))

(※1)代替トークンの特徴:カラードコインを発行

カラードコインとは・・・、ブロックチェーン上のトークンに用途別に色を付けて、見分けが付くようにする技術。カラードコインを発行できるようにする事により、一つのトークンから用途別の新たなトークンが生まれる。

(※2) Graphene(グラフェン)の特徴・・・Grapheneは圧縮したブロックを生成し、ネットワークへの負担を軽減させる。

引用元:https://btcnews.jp/1d1hbpbz13926/

HF(ハードフォーク)日程:

  • 2018年5月15日
  • 2018年11月15日

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事は役に立ちましたか?もしよろしければこの情報を友だちにも教えてあげてください。

お問い合わせに関しましては、Twitterアカウント『@moneyhark1』にて、ご連絡いただけましたら、ご対応いたします。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

オススメ取扱所-ランキング



▲GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】GMOコインは他社と違い『希望する価格で確実に買える(売れる)』点や、他社と比べてスプレットも圧倒的に低いので、短期売買で利益を上げたい方はオススメの販売所です。

 

参考ページ:GMOコインの特徴(メリット・デメリット)手数料・安全面・取引額・登録から取引までの日数は?? 

▲安全・安心な仮想通貨の取引所『Zaif』

ビットコインを買う上で必要な、手数料を支払うのではなく、手数料を貰えるので、大変お得。

ZAIF(ザイフ)のみの取扱トークンなどもあるので、持っていて損なし

参考ページ:Zaif(ザイフ)の特徴(メリット・デメリット)手数料・安全面・登録から取引までの日数は?? 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で▲世界を変えるコイン。ビットコインは、『ビットフライヤ―』

ビットフライヤーは、仮想通貨売買はもちろん、ポイントサイトのような仕組みを使っており、

(例:楽天市場で購入1%はビットコインで支払い)などのサービスも行っているほか、

決済面では、ビックカメラ,大手旅行会社HISなどとも提携しており、ビットコインを実生活で取り得る動きも積極的に取り組んでいるのが特徴です。

参考ページ:【リスクゼロ投資】仮想通貨が無料で貰える!?ビットフライヤーアフィリエイト・登録の仕方

▲ビット金取引高日本一の仮想通貨取引所『Coincheck』

 

コインチェックでしか、扱っていない仮想通貨銘柄がありますので、機会損失を逃したくない方・は、登録必須の取引所です。

また、二段階認証を採用しておりますので、なりすまし防止に対しても、補償対応あり。

ですが、他の取引所よりも売買手数料が高いので、短期の売買には不向きです。長期的に仮想通貨を持っておくならコインチェックで問題はないです。

 

参考ページ:コインチェックの特徴(メリット・デメリット)手数料は?・安全面は?・取引はいくらからできる??

 

Scroll Up