スプレッドを簡単解説!・仮想通貨(ビットコイン)販売所・取引所の違いとは?

どうも、@moneyhark1です。

今回は、販売所・取引所の違いをコインチェックを参考に比較してみたいと思います。

販売所・取引所は、何が違うの?

販売所とは?

▲コインチェックの販売所は、『ウォレット』⇒販売所になります。

販売所とは・・・仮想通貨の販売する場所という意味です。場所と言っても、仮想通貨取引をするにあたっては、仮想通貨業者を介して行いますので、その仮想通貨業者を指しています。

『場所』=提供先(▲なら、コインチェック)になります。

仮想通貨を購入した場合、売る人は、『販売所の運営している企業』です。

販売所の長所・短所:

  • 誰と売買をしているのかが、明確。
  • 販売所が提示した価格で確実に売買することが出来る。
  • 販売所を介して、購入するので、手数料が高い。

取引所とは?

▲コインチェックの取引所は、『取引所』⇒取引所になります。

取引所とは・・・取引所又は、交換所と呼ばれる場合も同じことを意味しています。

注文量・金額が別々になっていますので、両方が満たされた時、売買が成立する仕組みになっています。

取引所の長所・短所:

  • 仲介を介しての、売買ではなく、顧客間売買なので、手数料が安い。
  • 購入したい金額で数量が上手く購入できない可能性がある。

販売所・取引所では、どれぐらいの差があるのか?

実際に販売所・取引所間では、どれくらい価格差があるのか検証してみたいと思います。

画像右)販売所の取引価格

販売所で取引をする場合の、1BTCの取引価格になります。

  • 購入価格:1293200円
  • 売却価格:1279700円

購入価格-売却価格をすると、差額¥13500円の開きがあります。

この差額の差を『スプレッド』と言います。

スプレッドは、価格差が低ければ、低いほど利益が出しやすいということになります。

画像左)取引所の取引価格

取引所ので取引をする場合の、取引価格(随時変動)になります。

  • 購入価格:1286304円
  • 売却価格:1285975円

購入価格-売却価格をすると、差額¥329円の開きしかありません。

販売所と比較すると、約40倍もの手数料に開きがあることがわかります。

取引所では、販売所よりも安く買えるし、高く売れる』という事です。

ですが、暴騰・暴落しているときは、購入価格・売却価格で買い・売りする事が出来ないケースがありますので、その場合は販売所では買える・売れるという事を頭に入れておけば、問題ありません。

販売所・取引所が使えるのはビットコインのみ

通貨銘柄 販売所 取引所
ビットコイン
イーサリアムクラシック ×
イーサリアムクラシック ×
リスク ×
ファクトム ×
モネロ ×
オーガー ×
リップル ×
ジーキャッシュ ×
ネム ×
ライトコイン ×
ダッシュ ×
ビットコインキャッシュ ×

参考ページ:

販売所・取引所が両方ある仮想通貨業者一覧

サービス内容 bitFlyer Zaif Coincheck
取引所
販売所

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事は役に立ちましたか?もしよろしければこの情報を友だちにも教えてあげてください。

お問い合わせに関しましては、Twitterアカウント『@moneyhark1』にて、ご連絡いただけましたら、ご対応いたします。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

オススメ取扱所-ランキング



▲GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】GMOコインは他社と違い『希望する価格で確実に買える(売れる)』点や、他社と比べてスプレットも圧倒的に低いので、短期売買で利益を上げたい方はオススメの販売所です。

 

参考ページ:GMOコインの特徴(メリット・デメリット)手数料・安全面・取引額・登録から取引までの日数は?? 

▲安全・安心な仮想通貨の取引所『Zaif』

ビットコインを買う上で必要な、手数料を支払うのではなく、手数料を貰えるので、大変お得。

ZAIF(ザイフ)のみの取扱トークンなどもあるので、持っていて損なし

参考ページ:Zaif(ザイフ)の特徴(メリット・デメリット)手数料・安全面・登録から取引までの日数は?? 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で▲世界を変えるコイン。ビットコインは、『ビットフライヤ―』

ビットフライヤーは、仮想通貨売買はもちろん、ポイントサイトのような仕組みを使っており、

(例:楽天市場で購入1%はビットコインで支払い)などのサービスも行っているほか、

決済面では、ビックカメラ,大手旅行会社HISなどとも提携しており、ビットコインを実生活で取り得る動きも積極的に取り組んでいるのが特徴です。

参考ページ:【リスクゼロ投資】仮想通貨が無料で貰える!?ビットフライヤーアフィリエイト・登録の仕方

▲ビット金取引高日本一の仮想通貨取引所『Coincheck』

 

コインチェックでしか、扱っていない仮想通貨銘柄がありますので、機会損失を逃したくない方・は、登録必須の取引所です。

また、二段階認証を採用しておりますので、なりすまし防止に対しても、補償対応あり。

ですが、他の取引所よりも売買手数料が高いので、短期の売買には不向きです。長期的に仮想通貨を持っておくならコインチェックで問題はないです。

 

参考ページ:コインチェックの特徴(メリット・デメリット)手数料は?・安全面は?・取引はいくらからできる??

 

Scroll Up