仮想通貨を始めるのはもう遅い!?始めるなら知っておきたい始めるタイミング!

どうも、@moneyhark1です。

今回は、これから仮想通貨取引を始めようとお考えの方に送る、仮想通貨市場の現状・始める

なら知っておきたい!始めるタイミングはいつになるのかをお伝えしたいと思います。

2017年11月26日にビットコインは、100万円を突破したのもつかの間、

12月7日朝は150万,8日朝約240万,まで暴騰しておりまだまだ値動きが荒い状態が続いています。


現在の値動きは異常事態!

これを示すのが、2017年9/5・11/26・12/9の時点での相場状況、キャプチャー(画像)で残しておりましたので、ご参考ください。

  • ①:9月5日~11月26日の約2ヵ月半の相場状況を増減率で表しています。
  • ②:11月26日~12月9日の約2週間の相場状況を増減率で表しています。

①・②を比較してみると、各銘柄の増減率は激しく動いているのが特徴です。

相場がビットコイン(基軸通貨)が暴騰・暴落を繰り返している状態にあるので、ビットコインの動きにアルトコインも連動してふり幅の大きい上げ,下げを繰り返しているような状態です。

①2017年9月5日/11月26日の相場比較

銘柄 2017年9月5日 2017年11月26日 増減率
ビットコイン 458064 986102 115%
イーサリアム 31734 51524 62%
イーサリアムクラシック 1761.71 2385.8 36%
リスク 607.339 885.54 46%
ファクトム 2463.29 2576 5%
モネロ 11435.79 18334 60%
オーガー 2307.11 3122.4 35%
リップル 22.6146 28.133 25%
ジーキャッシュ 23111 38660 67%
ネム 29.0550 23.883 -18%
ライトコイン 7179.85 9694.4 35%
ダッシュ 32561 70488 117%
ビットコインキャッシュ 59207 173783 194%

※ビットコインキャッシュに関しては、2017年8月1日に誕生した銘柄で、当時は上場しておりませんでした。

▲2017年9月5日の相場状況

▲2017年11月26日の相場状況

②2017年11月26日/12月9日の相場比較

銘柄 2017年11月26日 2017年12月9日 増減率
ビットコイン 986102 1838765 86%
イーサリアム 51524 56721 10%
イーサリアムクラシック 2385.8 3380.4 42%
リスク 885.54 973.66 10%
ファクトム 2576 2511.9 -2%
モネロ 18334 31993 75%
オーガー 3122.4 3473.8 11%
リップル 28.133 29.126 4%
ジーキャッシュ 38660 40225 4%
ネム 23.883 64.761 171%
ライトコイン 9694.4 17308 79%
ダッシュ 70488 89183 27%
ビットコインキャッシュ 173783 170950 -2%

※ビットコインキャッシュに関しては、2017年8月1日に誕生した銘柄で、当時は上場しておりませんでした。

▲2017年12月9日相場状況

今仮想通貨を始めるのは、もう遅いのか?

ビットコインが11月26日に付けた、1BTC=100万円のインパクトは大きく、メディア(ネット・TV)等でも、大きく取り上げられました!

仮想通貨「ビットコイン」の国内取引所での価格が11月26日、100万円を突破した。27日午前9時40分現在、105万円前後で取引されている(国内最大の取引所・bitflyerより)。1月には11万円前後だったビットコイン価格は、1年弱で約10倍に高騰した。ビットコインは「バブル」という指摘もある一方、値上がり期待から投機マネーの流入が続いている。

ビットコインは、新たな派生コインが生まれる「分岐」が起きるたびに価格が高騰している。分岐後、ビットコイン保有者に新コインが割り当てられる可能性があるためだ。8月には「ビットコインキャッシュ」が、10月には「ビットコインゴールド」が、11月には「ビットコインダイヤモンド」が誕生。そのたびに価格が急騰してきた。

また、世界最大のデリバティブ取引所・米CMEグループ(シカゴ・マーカンタイル取引所)が10月31日、ビットコイン先物を年内にも上場させると発表したことも、投機マネーを呼び込んでいるようだ。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000026-zdn_n-sci

12月7日(木)放送の出川哲郎のアイ・アム・スタディーでも、ビットコインが話題になっており、仮想通貨の認知度が急上昇しました。

大手仮想通貨取引所のコインチェックでは,お笑い芸人の出川哲朗さんをCM起用も発表しており、TV放送は、この前フリだったと予想されます。

国民に対しての認知度が高い出川哲朗さんを起用したという点も、

仮想通貨⇒投資⇒危ないという流れを変え、

仮想通貨市場に顧客を取り込もうと考えている意図がありそうです。

仮想通貨市場はこれから増々拡大する可能性がある市場です。

仮想通貨市場が今後も、右肩がりで上がるだろうとお考えの方は、今の相場には入らず、

必ずどっかの拍子で暴落が起きるので、そのチャンスを狙いましょう!

仮想通貨取引を始めるタイミングは!?

仮想通貨取引に限らず、株・FX・物販などにも該当しますが、貴方が買ったという事は誰かが売ったからです。

最近の話題で例えると、任天堂スイッチが品薄になって、プレミア価格でフリマサイトなどでは販売されても売れていましたよね!

買いの場合:

購入者が『商品が欲しいけど、どこにも売ってないからちょっと高いけど買おう』という気持ちになっていないといけません。

これが積もり積もって、商品価値が上昇していくのです。

売りの場合:

販売者が、『商品が売れずに余っていると、値引きして売ろう』という気持ちになっていないといけません。

これが積もり積もると、商品価値が下落していくのです。

上昇は早いが、下落はもっと早い!

▲2017年12月10日12:45-相場状況

12/9の相場状況と比較してもらえれば、一目でわかりますが、

上昇は早いが、下落はもっと早い』です。

1度、大きく落ちてしまうと、売りが売りを呼び、大きく暴落します。

仮想通貨は値幅が大きすぎて、どの程度を暴騰・暴落というのかが、

わからなくなってきましたが、この暴騰・暴落は、適正価格以上にも暴騰・暴落しますので、

そのチャンスをものにしましょう。

参考ページ:

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事は役に立ちましたか?もしよろしければこの情報を友だちにも教えてあげてください。

お問い合わせに関しましては、Twitterアカウント『@moneyhark1』にて、ご連絡いただけましたら、ご対応いたします。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

オススメ取扱所-ランキング



▲GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】GMOコインは他社と違い『希望する価格で確実に買える(売れる)』点や、他社と比べてスプレットも圧倒的に低いので、短期売買で利益を上げたい方はオススメの販売所です。

 

参考ページ:GMOコインの特徴(メリット・デメリット)手数料・安全面・取引額・登録から取引までの日数は?? 

▲安全・安心な仮想通貨の取引所『Zaif』

ビットコインを買う上で必要な、手数料を支払うのではなく、手数料を貰えるので、大変お得。

ZAIF(ザイフ)のみの取扱トークンなどもあるので、持っていて損なし

参考ページ:Zaif(ザイフ)の特徴(メリット・デメリット)手数料・安全面・登録から取引までの日数は?? 

  bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で▲世界を変えるコイン。ビットコインは、『ビットフライヤ―』

ビットフライヤーは、仮想通貨売買はもちろん、ポイントサイトのような仕組みを使っており、

(例:楽天市場で購入1%はビットコインで支払い)などのサービスも行っているほか、

決済面では、ビックカメラ,大手旅行会社HISなどとも提携しており、ビットコインを実生活で取り得る動きも積極的に取り組んでいるのが特徴です。

参考ページ:【リスクゼロ投資】仮想通貨が無料で貰える!?ビットフライヤーアフィリエイト・登録の仕方

▲ビット金取引高日本一の仮想通貨取引所『Coincheck』

 

コインチェックでしか、扱っていない仮想通貨銘柄がありますので、機会損失を逃したくない方・は、登録必須の取引所です。

また、二段階認証を採用しておりますので、なりすまし防止に対しても、補償対応あり。

ですが、他の取引所よりも売買手数料が高いので、短期の売買には不向きです。長期的に仮想通貨を持っておくならコインチェックで問題はないです。

 

参考ページ:コインチェックの特徴(メリット・デメリット)手数料は?・安全面は?・取引はいくらからできる??

 

Scroll Up